糖化による肌のくすみ

「糖化」とは、体内のタンパク質と血中の余分な糖分が結びついて起こります。

肌老化の原因の1つで、体温の熱によって糖分とタンパク質が結びつくと「AGEs 糖化生成物」を作りだし、徐々に蓄積します。

 

糖化をおこすと、コラーゲンが硬くなり肌の弾力もなくなり黄色っぽくくすみ(黄ぐすみ)が起こります。

 

皮膚の一番上の表皮で角質層の糖化が起こると、水分保持能力が減少し乾燥の原因にもなります。

表皮の下の真皮で糖化が起こると、肌が黄ぐすみする以外にしわやほうれん線、たるみ、毛穴などの原因にもなります。

 

 

普通なら食事で糖質をとると、血糖値が上がっても2時間くらいでエネルギーとして使われるので血糖値は下がっていきます。

しかし、糖をとり過ぎると血糖値がなかなか下がらず、残った糖が糖化され「AGEs」がドンドン作られます。

 

肌の黄ぐすみが気になる方は、糖質のとり過ぎにも気をつけてください。