しみができる原因

女性が皮膚の状態で気になる『しみ』にも種類がある!

 

・紫外線によるしみ(老人性色素班)

・30~40代の人に多い肝班(目の周りに左右対称にできやすい)

・遺伝的なそばかす(雀卵斑)

・遅発性太田母班(大人になってか出てくることが多く真皮にできるシミ)

 

いろんな種類のしみがある中で、今回は一般的に多い紫外線による「しみ」について簡単にお伝えします。

 

 

まず、皮膚が紫外線にさらされると、表皮の基底層にあるメラノサイトが刺激され「メラニン」を作って紫外線から細胞を守ろうとします。そのメラニンは、皮膚が新しく生まれ変わる(ターンオーバー)で普通なら自然となくなりますが、メラニンが増えすぎるとターンオーバ―が上手く行われず皮膚に残ってしまします。これが「しみ」となります。

 

ターンオーバーは、年齢やストレス、睡眠不足、食生活などで乱れます。

 

 

紫外線は、「しみ」の大敵ですが、乾燥肌も肌の老化にも関わるので紫外線対策はしっかりする必要があります。

 

紫外線以外の予防としては

・肌をゴシゴシこすらない

・しっかり寝る

・ストレスをためない

・ビタミン、ミネラルをしっかりとる

 

内臓の疲れなども肌に現れるので、紫外線対策プラス生活習慣を整えることも大切です。

 

 

細胞を活性化させてターンオーバーを促すには

こちら

         ↓

https://jyunon-hadakatsu.jimdo.com/