患者さんの声 肘の外側が痛い

「肘の外側が痛い」と来院された患者さんの症状をお伝えします。

症状の特徴は、「荷物を持つ時」「タオルを絞る時」に肘の外側に痛みがあり、この患者さんは、フライパンを持つ時に痛みがありました。よく言われる(テニス肘)正式名称は外側上顆炎と言います。

 

主に、使いすぎ(使い痛め)が原因です。

 

肘の外側、外側上顆というところは指を動かすたくさんの筋肉の付着部で、負担がかかることで炎症を起こします。外側上顆炎のテストをして、痛みがでるかを確認します。

 

使いすぎが原因だから休ませるのがいいのですが、手は思った以上に使っていますので慢性化、再発する方も多くいます。

 

上向きで両手をあげてもらうと、左右差があり腕のまわりにくさと肩甲骨の外側と腕の後ろ(上腕後面)の筋肉の緊張がありました。この部分の、筋肉の緊張を緩めると外側上顆の痛みの消失と腕も伸ばしやすくなりました。

 

手をよく使う人に多い症状ですので、慢性化になる前に早め治療をしてもらってください。