妊娠中の骨盤ケア

 

妊娠中、カラダは出産にむけて自然に骨盤も変化していきます。妊娠中はホルモンのバランスが大きく変化し、出産にむけて徐々に骨盤がゆるんできます。そのため、妊娠中または出産後、恥骨やお尻(仙腸関節)がゆがみやすく痛みや違和感が出る方が多いところです。ひどくなると、歩くのがままならなくなる方もいます。

 

 

 

妊娠前から骨盤周辺の筋力低下や骨盤のゆがみがある人は、恥骨やお尻(仙腸関節)、股関節などに痛みを感じやすくなることがあります。

 

 

 

骨盤を支える筋肉や靭帯がしなやかで、骨盤まわりの筋力があることが安産にもつながります。

 

しかし、最近は昔とくらべ歩くことも少なく、家事で体を動かすことが少ないため足腰が弱くなり、骨盤周辺の筋肉も衰えがちです。毎日の生活習慣のクセが、骨盤のゆがみにも大きく影響します。

 

 

 

骨盤を整えることは、子宮環境を整えることにつながります。妊活、産後以外にも骨盤ケアは必要です。

 

当院では、妊活から妊娠した方にも妊娠中の骨盤ケアをすすめしています。