秋はぎっくり腰になりやすい?

秋にぎっくり腰が多い原因の一つは、冷えがあります。

 

この季節、お昼はまだ気温が高いですが朝と夜は涼しくなってきましたね。

 

朝夜と気温が下がっているのに、お布団、服装はまだ夏のままって方が多いと思いますが、体を冷やしてませんか?

寝ている時、布団から足元をだして寝ている

冷たい飲み物を飲み続けている

 

足の冷えは、腰まで上がって腰の筋肉をかたくします。

腰が痛い人は、おなか、手足の冷え、足のむくみなどの症状が現れている方がとても多いです。

 

また秋は、自律神経のバランスを崩しやすい時期でもあります。

夏は副交感神経、冬は交感神経と優位にたつ時期が入れ替わるため

バランスを崩し、春や秋に不調を起こしやすくなります。

 

特に朝は気血の循環が悪いため、起床時や洗顔時の姿勢でぎっくり腰に

なる方が多いので気をつけてください。

 

足や内臓を冷やすことをさけて、血流をよくすることが大切です。

 

ぎっくり腰は冷え以外の原因もありますので、腰痛を感じたら早めに

対処してください。