産後の尿漏れ

 

尿漏れの原因の骨盤底筋とは?

 

 

骨盤底筋は、骨盤の底にありハンモックのように骨盤や内臓を支えている筋肉です。

 

 

 

この骨盤底筋の動きが低下すると、尿漏れや頻尿などの原因になります。

 

 

 

骨盤矯正や鍛えることで「尿漏れ」「頻尿」の予防・改善以外にもカラダに良い影響を与えます。

 

 

 

 

*骨盤底筋が引き締められることで、姿勢を維持する筋肉が働く様になる。

 

 

*便の排出を助けるため、便秘の改善にもなる。

 

 

*骨盤底筋が安定すれば、ウエストラインの筋肉が動き引き締め効果もある。

 

 

*骨盤底筋が低下すると内臓の位置が下に落ち気味になりますが、安定することで正しい位置へ戻り内臓の働きも良くなります。

 

 

 

 

 

骨盤底筋トレーニング!!

 

 

 

仰向けに寝たら、両膝を曲げ肩幅ほど開きます。

 

おしりを床から浮かせ、膝と胸が一直線になる様にします

 

この姿勢のまま息を吸うときに、肛門を引き上げるイメージで5秒キープします

 

5秒後ゆっくり息を吐きながらおしりを床におろします

 

 

 

*5回繰り返しますが、きつい場合は回数を減らしておこなって下さい。

 

 腰を反らし過ぎないようにお腹を締めて姿勢を維持すること、腰が痛いときは無理にしないで下さい。

 

 肩や足など他に力が入らないようにすることがポイントです。

 

 

 

トレーニングで改善されない方や尿漏れ、頻尿以外に、腰痛、恥骨痛がきつい方は、一度ゆがみを診てもらうことをお勧めします。