産後の抱っこは骨盤に負担がかかってい

 

ママさんは凄いな~と思うのは、赤ちゃんを抱っこした状態で荷物を持ったり、家事をしたりしていること。

 

毎日、育児に追われて重たいなんて言ってられないでしょうね。

 

 

でも、成長と共に重くなると、さすがにママもしんどいですよね!そうするとどうしても赤ちゃんの重さに耐えられないので、体を後ろに反らした姿勢になりやすい。

この抱っこ姿勢が長く続くと、体の痛みや凝り、ポッコリお腹などの原因になります。

 

 

 

右利きの方は、いつも左側で抱っこするクセがつきます。右側と左側と変えて抱っこできればいいんですが、利き手で家事や荷物を持つため反対側で抱っこされる方が多いです。

 

 

 

産後は特に出産で骨盤が開ききっているので、姿勢に気をつけなければなかなか元に戻ってくれません。

 

 

 

妊娠前から足を組む、片側に体重をかけるクセがある、床にアヒル座りをしていたなどの方は、産後の姿勢プラス出産前のゆがみもある可能性があります。

 

 

 

・産後、朝起きる時、腰の調子が悪い

 

・靴底が外側ばかり減る

 

・くびれが左右違う

 

・体が疲れやすい  などの方は骨盤のゆがみが考えられます。

 

 

自宅で腰の痛みを軽減させる、ストレッチをしてみよう!!

 

 

・足の前をのばす

 

仰向きに寝て片側の足を曲げていきます。足裏をお尻の下に入れる様にもっていきます。

 

足の前側がのびているのが分かると思います。いた気持ちいくらいで止めて下さい。

 

膝を痛めている方や痛いときは無理に曲げないで下さいね。両方ストレッチして下さい。

 

 

 

・お尻をのばす

 

足をのばした状態で座り、片側の足だけ曲げ反対側の足をまたぎます。

 

次に曲げた側の足を両手で抱え込み、のばしている足の同側の肩に引寄せます。

 

お尻がのびているのが分かると思います。これも両側おこなって下さい。

 

 

 

育児で忙しくてなかなか自分の時間が持てないと思いますが、早め早めに対処して下さい